Siv3D + Ruby で通信ゲームを作る #2 入力の同期

Siv3D + Ruby で通信ゲームを作ろうの第2回です。 今回からいよいよ実際にプログラミングをしていきます。 難しいことはしませんが、Siv3DやRubyの細かい文法などは説明しませんので、適宜調べてください。 (RubyをC++風に書いています。Rubyの文法が好きな方は申し訳ありません。) 雛形となるゲーム …